No image

掻き毟り対策

アトピーの敵は掻き毟りです。この掻き毟りが、アトピーを長引かせ悪化させてしまう原因となります。掻き毟った部分は、炎症を起こして更にかゆみを増します。また、掻き毟る事で傷が出来てしまい、体液によってアトピーが広がっていきます。掻き毟りは無意識でやっている事が多く、なかなかやめる事が難しいです。ですが、掻き毟りがなくなるだけでもアトピー症状の緩和になります。

掻き毟りを少しでも抑えるためにはかゆみを抑える必要があります。かゆみは体が温まる事が原因とも考えられています。ですから、かゆい部分を保冷剤などで冷やす事も効果的です。また、アトピーにステロイド剤を使いたくないという人も多いかと思いますが、かゆみを止めるために一時的にステロイドを使用する事も一つの手です。常用となると良くない影響もありますが、掻き毟ってひどくなるより、応急処置的に使用してかゆみが止まるまでなら良いでしょう。

また、かゆみの原因は衣服の素材も影響しています。ナイロンなどは肌に刺激が強く、かゆみの原因となります。かゆみが気になる場合は、出来るだけ綿素材の肌に優しいものを身につけることが適しています。このように、掻き毟りを防ぐためには、かゆみを無くす事が第一です。掻き毟りはアトピーを一気に悪化させてしまいます。ひどくなる前に、かゆみ対策をおこなう事が大切です。

No image

保湿による対策

アトピーと乾燥の関係は切っても切れない関係です。肌の免疫力が低下してしまうと、肌のバリア機能が低下してしまい、保湿力もなくなり、乾燥してしまいます。その乾燥によって、肌のかゆみが生じてしまいます。そこで、肌の保湿ケアはアトピーの改善の為にとても重要なケアとなります。

アトピーを持っている場合は、普段から保湿対策をしておく事をおすすめします。かゆみが出てからでは、保湿剤が刺激となってしまう場合もあります。ですから、赤みが出て、ちょっとカサカサしているなと感じた時にすぐに保湿してあげると良いでしょう。また、お風呂上がりは特に体が乾燥している状態になります。水分を維持してくれる働きのあるセラミドが、お風呂で流れ落ちてしまうからです。そこで、お風呂上がりにはきちんと保湿してあげると乾燥対策になります。

保湿化粧品や保湿剤を使う時の注意点ですが、アトピーの人の肌は敏感になっている事が多いです。出来るだけ、刺激の少ない無添加の化粧品や保湿剤を使用した方が良いでしょう。保湿のためにと使った化粧品が、刺激のせいで逆にアトピーを悪化させてしまうと言う事もあります。しっかりとパッチテストなどをして、肌に合っているかを確認してください。

関連資料・・・https://www.hadajuntou.com/
赤ちゃんの肌にも使える、砂糖を原料とした保湿ケア化粧品です。

No image

日常生活での対策

アトピーになってしまったら、普段の生活においてどんな事に注意していけば良いのでしょうか。まず、肌を不潔な状態にしたり、刺激を与えないようにする事が第一です。そうする事で、肌の黄色ブドウ球菌の増加も防ぐ事が出来ます。シーツなどをこまめに替えたり、汗をかいたらシャワーを浴びるなど、面倒でも皮膚を清潔な状態にしておく事が大切です。

それから、肌の免疫力を上げるような食生活をするようにして下さい。肌には自己再生能力がもともとあります。外からの刺激から守ってくれるバリア機能があるのです。肌の免疫力が低下してしまうとこのバリア機能も低下してしまいます。ですから、肌の免疫力を上げる事が肌を細菌から守る働きをする事になります。肌の免疫力を上げるためには、肌に良いものをとることがおすすめです。肌を作るビタミン、そして、海藻やキノコ類がおすすめです。また、油分の多い料理や、添加物の多い食品は肌には良くないので適しません。ですから、レトルト食品や外食の多い人は出来るだけ注意が必要です。

そして、十分な睡眠をとることやストレスを発散する事も大切な事です。睡眠不足は、肌の免疫力を低下させてしまいます。また、ストレスも自律神経のバランスが崩れてしまうので、同様に肌の免疫力を低下させてしまう事になります。アトピーは、肌の免疫力が下がる事で発症します。できるだけ、肌の免疫力を上げる生活習慣をする事がアトピーの対策となるのです。

No image

アトピーの原因と症状

アトピーを持っている人は、食生活やスキンケアに気を使わなければいけなく大変です。そして一旦治ったとしても、また再発といったような事もあり、とても厄介です。そのため、その悩みを軽減するためにアトピー外来などもあるほどです。

では、アトピーはどんな事が原因で発症してしまうのでしょうか。アトピーの原因は、黄色ブドウ球菌が増えてしまう事だと言われています。黄色ブドウ球菌は、肌に常に存在する常在菌の1つです。それが、肌を不潔にしたり、刺激を受けたりする事で、増えすぎてしまうとかゆみなどを発症してアトピーとなってしまいます。健康な肌の持ち主であれば、黄色ブドウ球菌を抑える働きが出来ますが、何らかの理由で肌の免疫力が落ちていると、黄色ブドウ球菌の増加を抑える事が出来ません。アトピーは、肌の免疫力が低下しているところに更に黄色ブドウ球菌が増えてしまい発症してしまうのです。

では、アトピーの症状は一体どんなものなんでしょう。まずは、かゆみが引き起こされます。肌の免疫力の低下の影響もあり、アトピーの人は肌が乾燥しています。乾燥により、かゆみは更に強くなります。このかゆみはかなり辛く、無意識に掻きむしってしまう状態になる事もあるようです。

アトピーの初期の頃は、肌の乾燥している部分が赤くなります。そこが特にかゆみを帯びてしまい、掻かずにはいられなくなります。すると、掻いた部分が傷になり体液が出てしまい肌はジュクジュクした状態となってしまいます。この傷口や体液が広がっていく事で、アトピーが全身に広がってしまう事になります。このような状態になってしまうと、治療もかなり時間がかかる上に、かゆさに加え、肌状態もひどくなってしまいます。この状態になる前に、日常生活などで注意する事が悪化を防ぎます。