保湿による対策

アトピーと乾燥の関係は切っても切れない関係です。肌の免疫力が低下してしまうと、肌のバリア機能が低下してしまい、保湿力もなくなり、乾燥してしまいます。その乾燥によって、肌のかゆみが生じてしまいます。そこで、肌の保湿ケアはアトピーの改善の為にとても重要なケアとなります。

アトピーを持っている場合は、普段から保湿対策をしておく事をおすすめします。かゆみが出てからでは、保湿剤が刺激となってしまう場合もあります。ですから、赤みが出て、ちょっとカサカサしているなと感じた時にすぐに保湿してあげると良いでしょう。また、お風呂上がりは特に体が乾燥している状態になります。水分を維持してくれる働きのあるセラミドが、お風呂で流れ落ちてしまうからです。そこで、お風呂上がりにはきちんと保湿してあげると乾燥対策になります。

保湿化粧品や保湿剤を使う時の注意点ですが、アトピーの人の肌は敏感になっている事が多いです。出来るだけ、刺激の少ない無添加の化粧品や保湿剤を使用した方が良いでしょう。保湿のためにと使った化粧品が、刺激のせいで逆にアトピーを悪化させてしまうと言う事もあります。しっかりとパッチテストなどをして、肌に合っているかを確認してください。

関連資料・・・https://www.hadajuntou.com/
赤ちゃんの肌にも使える、砂糖を原料とした保湿ケア化粧品です。